2015年05月08日

近視の人は注意

遠近両用眼鏡というものもあります。

目を大切にして、健康的に生きていきましょう!。

・近視と老眼の関係近視と老眼の関係について説明をする前に、人の目のつくりについて説明します。

この状態が老眼です。

それが年齢を重ねていくことによって水晶体が衰えていき、上手くピントを合わすことができなくなってきます。

・視力の矯正記事の最初の話を信じて老眼を矯正せずにいると視力がどんどん悪くなっていってしまいます。

近視の人は常に近くにピントが合った状態になっているのでこの老眼の状態になかなか気付きません。

「近視の人は老眼になりにくい」この話の真相は、近視だから老眼にならないのではなく近視だから老眼の症状に気がついていないだけなんです。

「見えづらい」というだけでも生活でとても不便です。

「でも、近視と老眼を両方とも矯正することなんてできるの?」心配ありません。

近くのものを見るとき、人の目は水晶体を大きくしたりしてはっきりと見えるようにピントを合わせています。

近視の人は老眼になりにくい。

こんな話聞いたことありませんか?この話が本当だとしたら、近視と老眼はどのような関係があるのでしょうか?今回は近視と老眼の関係についてご紹介します。

現在の医療はとっても発達しているので矯正の方法もたくさんあります。

「見え方が前とちょっと違う」そう思ったら早めに眼科へ行きましょう。

「近視だから老眼にならないって思ってたのに…」近視の人からすればちょっと残念な話ですね。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近視は遺伝かもしれない

ただ、遺伝の近視だと「遺伝なら仕方ない」と諦めてしまう人がとても多いようです。

遺伝で近視になるということもあるのです。

放置するよりは、目の疲れを取るマッサージや視力回復に効くトレーニングなんかを試してみるのがいいでしょう。

でもそのまま放っておいてはどんどん視力が低下してしまいます。

●近視は遺伝する!6歳くらいの小さな子に近視の症状が見られる場合は、生活習慣が原因の近視ではなく、遺伝であるケースが多いです。

でも、近視の原因はそれだけではないのです。

「遺伝の近視だから」と諦めて眼鏡を作る準備をするよりも裸眼で生活していけるように努力していくことが大切ではないでしょうか。

今は近視でもそんなに困ることはないかもしれませんが、これから先が大変です。

学校で黒板の文字が見えない、なんてことになってしまったら勉強にも支障がでてきてしまいます。

そういったことが原因で近視になった人が急増しているため、近視は現代病のひとつだとも言われています。

近視の原因はそういった生活習慣にあると思っていませんか?確かに毎日パソコンを使っていたりずっとゲームをしたりしていれば近視になる確率は高くなります。

食事も視力回復に良いというブルーベリーなんかを摂るように工夫してみるのもいいかもしれませんね。

日頃からこうした対策をとっていれば視力低下をある程度食い止めることができます。

パソコンやゲームのやりすぎ。

今回はそんな近視の遺伝について調べてきました。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近視レーシックの順番

多くの人が裸眼で1.0以上の視力を回復し、クリアな視界を実感しています。

できるだけしっかりと時間をかけて調べてくれるクリニックのほうが安心です。

しばらく休んだ後、そのまま帰宅が可能です。

健康保険が適用されないことが残念ですが、コンタクト代などを考えるとかならずしも高額とはいえないかもしれません。

手術はおよそ15〜20分程度で終わります。

正確な度数を測るために、適応検査での視力検査は「散瞳剤」という、瞳孔を開くための点眼薬をしてからおこなわれます。

完全に切り離さず、端っこを残して角膜をめくり、そこにエキシマレーザーを照射。

角膜を蒸散して薄くすることで、近視を回復させます。

まずはマイクトケラトームという器具を使って、角膜の表面を切り取り「フラップ」というフタを作ります。

その後は医師の指示にしたがって、検査を受けるために通院します。

レーシックはレーザーで角膜の一部を薄く削ることで、視力を矯正しますので、もともと角膜が薄い人は受けることができません。

■実際の手術の流れ当日は、目の最終チェックを受けてから実際の手術に入ります。

麻酔が効いていますので術中の痛みはもちろんありません。

視力検査はもちろん、たとえば網膜や視神経を調べる眼底検査や、眼圧検査、角膜の厚さを測る検査や、涙の量を調べる検査など、さまざまなものがあります。

■まずは適応検査を受けるレーシックを受けるためには、まず手術とは別の日に適応検査というものを受けます。

最後にフラップを戻し、手術は終了です。

視力が完全に落ち着くまでには1ヶ月〜3ヶ月かかるといわれますが、多くの人は翌日から視力の回復を実感できるでしょう。

目の手術というと不安を覚える人も多いと思いますが、レーシックはしっかりしたクリニックで受ければ安全性は高い手術です。

フラップは自然に目になじむため、糸で縫合することはありません。

その後、結果をもとにレーシックができるかどうか、どのくらいの度数を回復できるか、また術後に考えられる副作用などについても医師から説明を受けます。

近視を根本的に改善するための方法として、すっかり定着しているのがレーシックです。

また強度の乱視がある人も、通常のレーシックでは対応できないことがあります。

目の周りを洗浄したり、まつ毛を保護するシールをつけたりした後で、点眼麻酔を受け、まぶたが閉じないよう機械で固定します。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 20:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。