2015年05月08日

レーシックは危険な印象がある

緑内障の原因のひとつに眼圧の上昇があります。

目を人工的に手術するので、なんらかの合併症が起こる可能性があるのは当然です。

なぜならレーシックを受けることで緑内障になる確率が上がるからです。

レーシック手術をするときには散瞳薬を使うなどの処置がされて眼圧を一時的に上げます。

レーシック手術は近眼に悩んでいる人のために10年ほど前に現れた最新の治療法です。

緑内障で注意しなければならない眼圧の上昇の危険がレーシックにはあるのです。

緑内障や緑内障の疑いのある場合はレーシックにはかなりの危険が伴いますが、もしレーシックを考えている場合は医者とよく相談して、納得した上で判断する必要があります。

目の病気の一つである緑内障にとってもレーシック手術は切っても切り離せません。

緑内障のタイプによっては眼圧の上昇で発作が起きる場合もあり、激しい目の痛みや頭痛や吐き気を伴い最悪の場合失明の危険があるのです。

眼圧が高いと緑内障になる可能性が高いといわれています。

レーシック手術は目の表面にある角膜にレーザーを照射して視力を矯正します。

そのことで視神経を疲れさせて緑内障にとって悪い方向へと向かわせてしまうのです。

レーシックのデメリットは合併症です。

しかし合併症が起こる可能性は非常に少ないとも言われています。

メガネやコンタクトレンズから解放されるとあって近視の人達に注目されているレーシック手術ですがメリットだけではなくデメリットや危険性もあります。

また緑内障であればレーシックで緑内障の悪化が考えられます。

近視を治すことで知られているレーシック手術ですが、レーシック手術にはメリットとデメリットがあります。

もしすでに緑内障である場合は視野欠損が進むことがあります。

レーシックを受けるときにその危険を知っておかなければならないのは緑内障、または緑内障になる可能性が高い人です。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 20:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強度近視は大変だね

網膜剥離というのは、文字通り網膜がはがれてしまう現象で、最悪の場合失明の危険性もあります。

?強度近視に人は、眼球が人より大きくなっているので網膜が薄くなり、網膜剥離になりやすいということが言われています。

?《 強度近視で失明の可能性?網膜剥離の恐怖 》強度近視のデメリットといえば、メガネが分厚くなる、コンタクトの対応度数がなくなるという事以外にもあります。

《 強度近視とメガネ(めがね)・コンタクトでの矯正 》強度近視をメガネで矯正することはかなり難しいです。

網膜剥離の対策として視力回復トレーニングなどで、目の筋肉を鍛えて少しでも目の負担を減らしてあげることではないかと思います。

また難しくなるどころではなく、網膜剥離などの眼病にかかりやすいなどのデメリットも発生しますので、かなり問題があります。

ですから、コンタクトで矯正することになると思いますが、コンタクトでも最強度近視だと対応する種類が少なくなってくる現状です。

それは、網膜剥離になりやすいということです。

強度近視の人は、めがねだと矯正視力1.0以上を出すことは非常に難しいはずです。

近視の目安として、−3D以下は軽度乱視、−3D〜−6D→中度近視、−6D〜−10D→強度近視、−10D以上→最強度近視という基準があります。

特に、ソフトタイプのコンタクトだとなお視力矯正は難しいでしょう。

回は“近視”についてなのですが、“強度近視”についてです^^ご覧ください♪?《 強度近視の基準・視力について 》近視の度合いというのは、D(ディオプリー)という単位で表すことができます。

これに対して、PRK、フェイキックIOLは強度近視にも対応しうる近視治療です。

?《 強度近視とレーシック 》レーシックによるレーザー治療は角膜を削ることによって視力を回復させる治療法なので、あまりに視力が低いと削る角膜の厚さが足りなくて手術不適合といわれてしまいます。

ちなみに遠視の場合は、−ではなく+で表現します。

所感では、視力回復トレーニング、オルソケラトロジー、レーシックは強度近視にはあまり向きません。

もう少し軽度の近視には有効なのですか・・・。

強度近視(−6D以上)になると、視力を矯正することはかなり難しくなります。

?《 強度の治療 》強度近視を治療、矯正することは難しいですが、方法としては視力回復トレーニング、オルソケラトロジー、フェイキックIOL、レーザー手術(レーシック、PRK)などがあります。

標準の人(正視)の場合は、0Dです。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近視の定義

近視は屈折異常の一種で、遠方から目に入ってきた光が網膜より手前で像を結び、物がぼやけて見える状態。

?このような近視を軸性近視(じくせいきんし)と呼び、大部分の近視は軸性近視です。

網膜の手前でピントが合ってしまいます。

?角膜・水晶体の屈折力が強すぎる場合だと、遠くを見たときに網膜上でピントが合いません。

近視は、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が正常より長すぎるか、角膜・水晶体の光の屈折力が強すぎることにより起こる。

?正視では、近いところを見るときに、晶体がふくらんで網膜にピントが合う。

網膜の手前でピントが合ってしまいます。

?このような近視を屈折性近視(くっせつせいきんし)と呼びます。

?眼軸の長さが長すぎる場合は、遠くを見たときに水晶体を十分薄くしても、網膜上でピントが合いません。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。