2015年05月08日

近視の定義

近視は屈折異常の一種で、遠方から目に入ってきた光が網膜より手前で像を結び、物がぼやけて見える状態。

?このような近視を軸性近視(じくせいきんし)と呼び、大部分の近視は軸性近視です。

網膜の手前でピントが合ってしまいます。

?角膜・水晶体の屈折力が強すぎる場合だと、遠くを見たときに網膜上でピントが合いません。

近視は、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が正常より長すぎるか、角膜・水晶体の光の屈折力が強すぎることにより起こる。

?正視では、近いところを見るときに、晶体がふくらんで網膜にピントが合う。

網膜の手前でピントが合ってしまいます。

?このような近視を屈折性近視(くっせつせいきんし)と呼びます。

?眼軸の長さが長すぎる場合は、遠くを見たときに水晶体を十分薄くしても、網膜上でピントが合いません。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。