2015年05月08日

近視は度数が関係する

?この答えは、裸眼の視力のことです。

?眼科医やメガネ店の人は、『マイナス7D』など、『D=ディオプトリー』という単語を用いて答えます。

?『D=ディオプトリー』とは、近視や遠視・乱視などの屈折異常の程度のことです。

??近視の場合、凹レンズで矯正されます。

?その凹レンズはマイナスのため、近視の度数は『マイナスD』で表します。

?完全に屈折異常を矯正できるレンズの度数のことです。

?【軽度近視】・・・−3D未満(裸眼0.1前後)【中等度近視】・・・−3D以上−6D未満(裸眼0.04〜0.1)【高度近視】・・・−6D以上(裸眼0.04未満)??他には、次のような分けかたをする事もあります。

今回も“近視”についてなのですが・・・?まずは、【近視の度数】についてです!ご覧下さい♪??普通の人は、「視力いくつですか?」と聞かれると、『0.5』や『1.0くらいなか』などと答えると思います。

?【軽度近視】・・・−2D未満【中等度近視】・・・−2D以上−4D未満【強度近視】・・・−4D以上−6D未満【最強度近視】・・・−6D以上。

近視の程度は、次の3つに分けられます。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。