2015年05月08日

近視矯正の知識

見えにくいままでいると、頭痛や肩こり、また生活するうえでのストレスとなり、体に大変好ましくない。

また、レンズの取り扱いや管理などが大変なので、小学生の間は眼鏡をかけることをおすすめします。

眼鏡をかけたりはずしたりしても、近視の度が進むようなことはありません。

近視の矯正方法(凹レンズにつて)・・・近視の矯正には凹レンズを使います。

また、眼鏡を常にかける必要はなく、黒板や遠くを見るときなど必要に応じてかければよいのです。

眼鏡やコンタクトレンズを作る場合は、眼科の先生に眼の病気や異常などを検査してもらい、適切な眼鏡やコンタクトレンズを処方してもらうのが1番です。

眼鏡について・・・近視になったからといって、日常生活に支障を来さなければ、すぐに眼鏡をかけなければならないということではありません。

コンタクトレンズについて・・・コンタクトレンズは角膜の表面に接触させて用いるレンズで、目立たないことから眼鏡をかけたくない人に好まれています。

凹レンズは焦点(ピントが合う点)を遠くにする働きがあり、近視の人が適切な度の凹レンズをかけると、網膜にピントが合って遠くがよく見えるようになります。

単純近視の場合は眼鏡をかければ正常の視力まで矯正できます。

黒板の字が見えにくくなるというような不都合が生じてきたら眼鏡をかけてください。

近視の人の矯正は、眼鏡やコンタクトレンズを用いて行われるのが一般的。

左右の視力に差がありすぎて眼鏡が使えない場合でも矯正でき、眼鏡のように曇ったりせず、視野が広くなるという優れた点があります。

しかし、慣れるまでに時間がかかる、異物感がある、角膜を傷つける場合があるといった欠点のため、使用するときは眼科の先生と相談の上、決めましょう。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 20:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。