2015年05月08日

レーシック手術した後は

レーシック手術後の安定も早く、通常の近視では6ヶ月経過すると視力はほとんど変化しません。

《 レーシック手術を受ければ裸眼で生活できるようになります 》強度近視や最強度近視で手術を受けた人は、とにかく裸眼で生活できるようになれば満足されます。

しかし、プラス1〜2Dに遠視になったとしても、遠くがよく見えるので満足感はあるでしょう。

《 レーシックの手術に完璧は存在しない 》レーシック手術に完璧は存在しません。

《 レーシック手術後に不満を覚える人 》レーシック手術後に不満を覚える人は、非常によく見える状態で生活している場合は、手術後の見え方に物足りなさを感じるかもしれません。

《 レーシック手術後の理解について 》レーシック手術を受けたからといって、必ずしも視力が1.0になるわけではありません。

今回も“レーシック手術”についてなのですが、手術後について調べたのでご覧ください♪レーシック手術を受けた人が、レーシック手術後の視力にどの程度満足しているのか、これからレーシック手術を受けようと思っている人には、かなり気になるとことです。

《 レーシック手術後に遠視となる可能性があります 》レーシック手術後に遠視となる可能性があります。

ただし、年齢の高い人や、近くを見ることが多い仕事をしている人は目の疲れを訴えるようになるでしょう。

もし、レーシック手術を受けてみようと思う人は、自分なら手術後にはこういう見え方になっているのではないか、とある程度予測を立てられるくらいまでには、手術のことを知っておいた方がいいでしょう。

ここえは、手術後どのような問題が起こるのかその可能性について紹介します。

自分の度数をよく理解し手術後のデータから、どの程度の視力回復が見込めるのか、執刀する医師と十分に相談する必要があります。

そうした場合には、遠視を矯正しなければならないのですが、エレキシマレーザー装置はプラス6Dまで遠視が矯正できるので問題ないでしょう。

そうすれば、手術後に自分の眼の状態をしっかりと受け止めることができるようになり、手術を受けて良かったと思えるようになるでしょう。

ただし、レーシック手術で3ヶ月以上たっても見えないようであれば、それ以上はあまり期待できないので、再手術を考慮しなければならないでしょう。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 20:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。