2015年05月08日

近視予防法や近視が直る食物

眼鏡を作らなければいけなくなる前に食生活を変えてみてはいかがでしょうか?目に良い食べ物を中心に摂ることで近視が改善できるだけでなく視力もアップします。

遠くのものを見ることで強ばっていた眼の筋肉をほぐすことができます。

このビタミンB群が含まれる食品には豚肉や豆腐、ごまなどがあります。

ビタミンB群は角膜や視神経のはたらきを促進させる効果があります。

DHAとも呼ばれていますね。

なのでデスクワークなどの作業をした後は空や山を見るようにしてください。

脳に良いと言われていますが、視力回復にも高い効果があります。

また、食生活で近視が治せるならそんな良いことはないですね。

このブルーベリーはサプリメントとして売られているので簡単に摂取することができます。

遠くのものが見えないと生活をする上で困ることがたくさん出てきますよね。

近視とは近くのものはハッキリと見えるのに遠くのものがぼやけて見える状態のことです。

最近近視がひどくなっている方。

今回は近視の予防法と近視に良いとされている食べモノについて調べてきました。

1時間作業をしたら10分間は休むようにすると良いですよ。

さらに、体に欠かせない栄養素であるベータカロチンも視力回復効果があります。

また、デスクワークや勉強をするときは適度に眼を休ませることが大切です。

長時間行うのではなく適度に休憩して眼を労ってあげてください。

でも、目を食べるのはちょっと抵抗がありますよね。

それだけで近視を予防することができますよ。

筋肉が固くなると近視が進行してしまいます。

そのような悪い姿勢で本を読み続けると近視が進行するだけでなく、視力もどんどん低下していってしまいます。

眼を休ませるときはただまぶたを閉じるだけでも大丈夫ですが、蒸しタオルをまぶたの上にのせて休憩するとリラックスできるのでオススメです。

目にも体にも良いベータカロチンはニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜に豊富に含まれています。

ドコサヘキサエン酸は魚の目の周りに豊富に含まれています。

最後に有名なブルーベリーです。

遠くを眺めると良いみたい…眼の筋肉は長時間作業することによってどんどん固くなっていってしまいます。

次に、ドコサヘキサエン酸です。

なのでイワシやサバから摂ることをオススメします。

姿勢が悪いと本を読むときに距離が近づきすぎてしまうことが多いです。

「近視予防をしよう!」と決めたらまずは姿勢から改善してみてください。

今近視に良く効く食べ物には、どんなものがあるのでしょうか?まずは、ビタミンB群です。

姿勢と近視お関係について…一見何の関係もなさそうに思えますが、姿勢を改善するのは近視予防にとても効果的なんです。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。