2015年05月08日

乱視をコンタクトで治そう

乱視を矯正する効果が高いのはどちらでしょう?正解は・・・。

必ず使用する前に眼科へ行って検査を受けましょう。

逆にソフトコンタクトレンズは目の表面にぴったりとくっついてしまうので、歪んだ角膜の形を直すことができません。

その際にコンタクトレンズで乱視を矯正したい、ということを話せばコンタクトレンズの種類などについて詳しく医師が説明をしてくれますよ。

目の状態によってはコンタクトレンズが使えない場合もあります。

「じゃあハードコンタクトレンズを使おう!」良いですね!ただ、一つ注意してほしいことがあります。

なので、乱視を矯正したい方はハードコンタクトレンズを積極的に使用していくと良いでしょう。

ハードコンタクトです!「どうしてハードの方が乱視を矯正する効果が高いの?」何故なのか、詳しく説明しましょう!乱視とコンタクトレンズどうしてハードコンタクトレンズの方が乱視を矯正する効果が高いのでしょうか?その秘密は、ハードコンタクトレンズのつくりにありました!ハードコンタクトレンズは目に装着するとコンタクトレンズと目の間に隙間ができます。

最初のうちは異物感に戸惑うかもしれませんが、毎日使っていれば慣れてきて気にならなくなりますよ。

ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズ。

それは、自己判断をしないことです。

ハードコンタクトレンズを使うことで乱視が矯正できるだけでなく、目の疲労を防ぐ効果もあります。

その隙間に涙が入り込み、角膜の表面の歪んだカーブが修正されます。



そうすることで乱視が矯正されていくのです。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。