2015年05月08日

乱視を眼鏡や虫眼鏡で治すには

矯正した方がいい乱視とそうではない乱視もあるので、眼科の先生と相談するといいですよ。

どちらも光を曲げて1点に集めることができます。

でももし、光を集めるためのレンズが歪んでしまったら?乱視とはまさにこの状態なのです。

「乱視って物が二つや三つに見えたりするの?」乱視という字からそう思いがちですが、物がいくつにも見えるということではなく、ピントが合わないためにぶれて見えてしまうのです。

焦点が合わずにピントがぼけてしまった状態が乱視です。

これで広い範囲から光を取り入れることができるのです。

何が似ているかというと、それは構造です。

●乱視は暗いところでは見えづらい?眼は瞳孔の大きさを変えることで光の量を調節しています。

眼はそうして網膜に光を集めて焦点を結ぶ、というのは誰しも理科の授業で習ったことがありますよね。

どちらも似ています。

眼と虫眼鏡。

人は機械のように精密にはできていませんから、多少は形は歪んでいたりするものなのです。

でもこの乱視、実はほとんどの人がもっているのです。

見えにくいときに眼を細めると見えやすくなるのは、眼を細めて光を狭い範囲で取り込むことによって網膜で光が広がるのを抑えられるからです。

顕微鏡を使うときはまずピントを合わせますよね。

暗いところでは瞳孔は大きくなります。

見えづらい、というのは不便ですよね。

そうすると昼間よりもぼけが大きくなって見えづらくなってしまうのです。

●乱視ってなに?歪んだレンズでは光をひとつの場所集められません。

あのピントを合わせる前のぼやーっとした状態を想像してもらったらわかりやすいかもしれません。

眼科で「乱視」だと診断されても慌てず、落ち着いてください。

ですが、レンズが歪んでいると広い範囲から取り込まれた光が網膜でも広がります。

逆にまったく歪みのないレンズをもった人を探す方が大変でしょう。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 19:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。