2015年05月08日

乱視の検査法

オートレフケラトメータ?機械を使って、乱視や近視などの度数(屈折)を調べる検査です。

??自覚的屈折検査?本人の自覚的な見え方(視力)を確認しながら行う検査です。

?。

このレンズの度数が、近視や乱視(矯正視力)もあわせて測定します。

??検影法(レチノスコピー)?他覚的屈折検査の一つで、眼の中に光を投影する検影器と、度数の違うレンズを、1枚の板にまとめた板付きレンズを使用する方法で、オートレフケラトメータよりも、正確な検査ができると言われていますが、検査をするには、熟練の技術と知識が必要であり、最近では、検影法での検査は減ってきています。

??波面センサー?他覚的屈折検査の一つですが、オートレフケラトメーターより、詳しく乱視の状態がわかる検査です。

角膜の歪み方もわかるので、ある程度の乱視の予想ができます。

本人の自覚的な要素は必要ないので、他覚的屈折検査とも呼ばれています。

正乱視だけではなく、不正乱視まで測定できます。

角膜のカーブの分布を色分けして表示します。

メガネの形をした枠に、検査用のレンズを入れ替えながら、最も見やすくなるレンズの度数を調べます。

検査は比較的簡単で、通常1分以内に度数が表示されます。

?角膜形状解析(トポグラフィ)?眼の表面(角膜)の形を測定する検査です。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。