2015年05月08日

乱視は実際にどんな感じで見えるのか

矯正方法には一般的に眼鏡やコンタクト、そして最近耳にするようになった 「レ―シック」 などがありますがコンタクトは目のアレルギーで使用できない人や、苦手と言う人も多く眼鏡だとスポーツする方には不向きですよね?そんな方は思い切って「レ―シック」を検討してみてはいかがでしょうか。

色んな矯正方法がありますが先ほどお話したように放置しておくとどんどん進行するので、自分に合った矯正方法で大切な目を守って下さいね。

                         。

「乱視」ってどんな見え方?簡単に言うとピントが一つに合わない状態のことをいいます。

原因はさまざまですが大きく分けると、先天性のものと後天性のものがあり先天性は水晶体や角膜の異常により発症し後天性については、パソコンやテレビなど長時間の使用により目の疲労が原因の一つとも言われています。

  「乱視」はそのまま放置すると進行していきますので自分で判断せず早めの眼科受診をお勧めします。

焦点が合わなかったり、近い遠いに関わらずボケて見える方はいわゆる「乱視」の症状といえるでしょう。

しかし視力の良い人でも実は眼科で検査すれば、乱視のない目のほうが珍しいと言われています。

では何故ほとんどの人に「乱視」があるのに見え方が違うのでしょう?実は「乱視」が“有・無”ではなく、どの程度あるのかによって見え方が違うのです。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 19:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。