2015年05月08日

レーシック治療は改善できるかな

そのことから、【近視】と同様である屈折異常の【遠視】や【乱視】も治せるのです。

などと悩んでいる人は一度、レーシックの相談だけでもしてみるのも良いと思います。

レーシックの臨床例も増えてきてますので、その成功率や安全性などもだんだんと明らかになってきました。

【老眼】の場合は、レーシックによって治療することは残念ながら出来ません。

マリンスポーツなどをしたいが、【乱視】が強く、コンタクトを使っているからできない。

この老眼の目の状態は、ピントを合わせる為に厚さが変わる水晶体の老化現象が原因で、水晶体の柔軟性が失って硬くなってしまうため、レーシックにより角膜の屈折率を変えることをしても、まったく効果が期待できないからです。

もし、レーシックに興味があるのであれば、【レーシック】で検索することで情報を得る事ができます。

そのような人の場合は、『乱視用コンタクト』や『ハードコンタクト』などで矯正している場合も多いあると思います。

しかし、その適応範囲の数字だけで治療が出来るか出来ないかが決まるわけではありませんので、一度は眼科などに診察を受けてみることをおすすめします。

レーシックの手術は、レーザーを使用して角膜の屈折率を変える事により、視力を矯正する角膜の屈折矯正手術となります。

日本人には【近視】の人が多い為に、レーシックも【近視】の矯正手術として取り上げられることが多いことで、【近視=レーシック】と認識してしまっていることも、その要因の一つと考えられます。

レーシックによって【乱視】を治したい場合には、眼科や専門医師に相談の上、レーシックを受ける事ができるのかどうかを確認しましょう。

しかし、新たな技術の進歩により、複雑な【乱視】の治療も可能になってきました。

そのような中、【近視】に比べ【乱視】・【遠視】・【老眼】の症状がある人数が少ないことから、どうしてもレーシックの症例が少なくなってしまいます。

今までは、複雑な【乱視】の場合、レーシックの治療は不可能だったようです。

【乱視】についても、コンタクトレンズやメガネによる矯正が可能なレベルであれば、レーシックにより十分矯正することが出来ます。

自分の大切な“目”の事なので、しっかり考えて治療しましょう!!。

現在はインターネットの発展で、自分からでも様々な情報を入手するのに非常に便利な時代になっています。

強度の『乱視用のメガネ』を長時間付けていると疲れるし、『乱視用コンタクト』をしているけど、希望の視力に迄いかない。

《 乱視とレーシック 》レーシックの手術の効果は、一般的に【近視】の矯正手術として理解されていることが多いようですが、【近視】の目しか矯正出来ないという訳ではありません。

なお、米国眼科学会では遠視矯正のレーシックについて、45歳頃には老眼鏡が必要となってしまう事を覚悟する必要があるとの情報を提供しています。

メガネやコンタクトレンズによる矯正が、難しいような【乱視】があるという場合にはレーシックを考えてみるのも良いと思います。

【レーシック】についても、【乱視】についても沢山の情報があります。

【近視】の場合、【乱視】と【近視】の両方を持っている人も少なくないだろうし、【乱視】だけの場合と言う人もいるでしょう。

ただし、レーシックで矯正が可能である【遠視】・【乱視】の適応範囲があり、【遠視】は+5D位迄、【乱視】の場合は6D位が目安となっています。

そのような場合でも、アレルギーでコンタクトの使用ができない人や、コンタクトが苦手な人も居ますよね。

また、【乱視手術】と【近視手術】を一緒に行うことも可能です。

もし病院に行くことを考えられているのであれば、自分の大切な目の事ですので、確実に自分の目を任せられる医師や病院選びをすることが大切だといえます。

複雑な【乱視】の人でも、希望が持てるようになってきたのは嬉しい事です。

日本では、視力が悪い場合としての【近視】の症状であるということが圧倒的に多い為、レーシックは【近視】のケースの症例が多くなっています。

これは、【乱視】の人に限った事ではありませんが、レーシックの治療について自分自信からしっかりと理解することが重要な要素になることは間違いありません。

【乱視】によっても、レーシックによって良くなる可能性があります。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 19:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。