2015年05月08日

乱視近視改善情報

近視の原因は現在のところ、よく分かっていませんが、遺伝的な要素と環境が関係すると考えられている。

?遺伝説では、何歳のときに近視になり始め何歳までにどこまで進行するかが生まれつき決まっていると考える。

顕微鏡を使うときはまずピントを合わせますよね。

そうすると昼間よりもぼけが大きくなって見えづらくなってしまうのです。

自分も初めて知って驚きました。

これで広い範囲から光を取り入れることができるのです。

?近視発生率の民族間の違いが近視の発生に遺伝が関与していることの証拠として挙げられてきた。

あのピントを合わせる前のぼやーっとした状態を想像してもらったらわかりやすいかもしれません。

どちらも似ています。

(>o<)?。

?どの程度適応が起きるかは遺伝によって差があり、水晶体の厚さが変化する屈折性近視と眼軸の距離が延びる軸性近視のうち前者がより環境要因が大きい。



この資料に纏められているように他の栄養素も近視の原因とされている。

?新生児は眼軸の長さが短く、たいてい遠視の状態になっていますが、角膜・水晶体の屈折力が強くなっているので、それほどひどくはありません。

?環境的な要因は、一般的な近視の場合、環境も影響すると考えられていて、勉強・ 読書 ・ テレビ ・コンピューターゲームといった近くを見る作業を長く続けていると、目が疲れて好ましくないのはいうまでもありません。

ですが、レンズが歪んでいると広い範囲から取り込まれた光が網膜でも広がります。

逆にまったく歪みのないレンズをもった人を探す方が大変でしょう。

?近視は通常、8歳から12歳までの間に発現し、殆どの場合青年期を通じて徐々に進行し、成人になると頭打ちになる。

何が似ているかというと、それは構造です。

?体格向上説・・・国民の体格が向上すると、その分眼球も大きくなり、軸性近視が増えるとする説。

矯正した方がいい乱視とそうではない乱視もあるので、眼科の先生と相談するといいですよ。

?成長過程に近視になる子供が多い理由として、眼軸の長さは成長に伴い伸びていきます。

?ただし、この説には反論が出ている。

?角膜・水晶体の屈折力は、眼軸の長さが伸びるとともに弱くなり、全体のバランスが調整されるようになります。

「乱視って物が二つや三つに見えたりするの?」乱視という字からそう思いがちですが、物がいくつにも見えるということではなくピントが合わないためにぶれて見えてしまうのです。

でももし、光を集めるためのレンズが歪んでしまったら?乱視とはまさにこの状態なのです。

●乱視ってなに?歪んだレンズでは光をひとつの場所集められません。

?双生児の研究ではPAX6遺伝子の欠陥が近視と関連しているようである。

乱視になるのは何故かなでもこの乱視、実はほとんどの人がもっているのです。

?近視の遺伝率は89%と高率であり、また近年の研究で関連する遺伝子も特定された。

?      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓?遺伝説・・・近視を主に遺伝に因るとするものである。

?勉強や読書、パソコンなど近くの物を見続けることに対して目が適応する(近業適応)という考え方。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。