2015年05月09日

臨床的な分類の近視

このような近視は 『病的近視』と呼ばれ、発生する原因がまだ不明で遺伝が関与しているともいわれている。

眼軸が異常に長くて近視の度が強いため、眼鏡をかけてもあまりよく見えるようにはなりません。

また、眼球がかなり大きくなっているため、網膜が引き伸ばされて非常に薄くなっていて、目をちょっと打っただけで、網膜の中心部がひび割れや出血によって萎縮したり、網膜が眼底から剥がれてくる『網膜剥離(もうまくはくり)』 などの症状を起こします。

病気というより身長や体重と同じ個人差があります。

“単純近視(学校近視)”・・・遺伝や環境の影響などにより、小学校高学年〜中学校くらいで始まる近視を単純近視という。

近視は“単純近視” と“病的近視”に大きく分けられていて、一般的に遺伝・ 環境が要因とされる。

“病的近視”・・・ごく一部の近視は、幼児期の段階から始まり進行する。

両方が原因となる場合もあるが、具体的な原因は今も不明。

在学中に発生することが多いので 『学校近視』ともいわれ、大部分の近視は単純近視です。

矯正しても幼児が、遠くも近くも見にくくしているようであれば、注意が必要××。


posted by 乱視近視なんとかなるかな at 04:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

老眼にならない人

「近視だから老眼にならないって思ってたのに・・・」近視の人からすればちょっと残念な話ですね。

近くのものを見るとき、人の目は水晶体を大きくしたりしてはっきりと見えるようにピントを合わせています。

近視の人は常に近くにピントが合った状態になっているのでこの老眼の状態になかなか気付きません。

目を大切にして、健康的に生きていきましょう。

「見えづらい」というだけでも生活でとても不便です。

近視と老眼の関係近視と老眼の関係について説明をする前に、人の目のつくりについて説明します。

現在の医療はとっても発達しているので矯正の方法もたくさんあります。

遠近両用眼鏡というものもあります。

この状態が老眼です。

近視の人は老眼になりにくいこんな話聞いたことありませんか?この話が本当だとしたら、近視と老眼はどのような関係があるのでしょうか?今回は近視と老眼の関係についてご紹介します。

「見え方が前とちょっと違う」そう思ったら早めに眼科へ行きましょう。

それが年齢を重ねていくことによって水晶体が衰えていき、上手くピントを合わすことができなくなってきます。

視力の矯正記事の最初の話を信じて老眼を矯正せずにいると視力がどんどん悪くなっていってしまいます。

「でも、近視と老眼を両方とも矯正することなんてできるの?」心配ありません。

「近視の人は老眼になりにくい」この話の真相は、近視だから老眼にならないのではなく近視だから老眼の症状に気がついていないだけなんです。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レンズの説明

メガネを外した方が近くのものが良く見えたりします。

【乱視とは・・・】物を見たときに、ぶれたり、程度に差はあっても、ぼやけて見えたりする状態です。

また、若くてもある程度の度数の場合は、眼精疲労や眩しさを訴えたりします。

今回は、【遠視】【近視】【乱視】【老眼】の違い&【レンズの豆知識】を紹介します♪よく耳にする『遠視』と『近視』・『乱視』と『老眼』・・・その違いとは???【遠視とは・・・】近くが見えて、遠くが見えない状態です。

遠視と良く間違えられますが、性質は異なります。

しかし、年齢を重ねるにつれ徐々に症状が出たりします。

(例えば黒板が見えない等)近視には、後天性のものが多く、通常幼年期から起こって10代後半や青年期に進行は止まりますが、最近はパソコンなどの普及により、成人以降も近視が進むことがあります。

【老眼とは・・・】眼のピント調節の老化現象です。

乱視の進行がある程度になると、片眼をつぶっても1つのものが2つ以上にダブって見えるようになります。

【近視とは・・・】若い人の遠視で度数の弱い場合は、視力検査でも判らず、本人も特に自覚症状がない場合が多いようです。

posted by 乱視近視なんとかなるかな at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。